株式会社マシス 食品医薬品安全評価分析センター

   


 

Neonicotinoide(食品・昆虫・植物・淡水魚検査)

(マシス残留農薬検査)

 

 

 


 

Neonicotinoide(食品・昆虫・植物・淡水魚の残留農薬検査)

 

ニコチンに殺虫作用がある事は知られており、農薬として硫酸ニコチンが使われていたものの、昆虫だけでなくヒトにも強い毒性があるため、ニコチンの化学構造式を少し変えて、新たなニコチン類似物質であるネオニコチノイドが開発された。有機リン系殺虫剤、合成ピレスロイド系殺虫剤、カーバメート系殺虫剤に対する感受性が低下した害虫に対しても、ネオニコチノイドは殺虫効果を発揮する。ネオニコチノイドの場合は、様々な虫を単に殺すために使用されるだけでなく、虫によって建材や作物や植木が被害を受けないように使用されている。ネオニコチノイドが無味無臭である点も、好都合である。
ネオニコチノイドは、水溶性が高く植物体への浸透移行性もあるため、残効が長いという特長を有し、殺虫剤の散布回数を減らせるため、世界において主流の殺虫剤として用いられ、1990年代から使用が急増した。その後、世界各地でミツバチの大量失踪事例、いわゆる蜂群崩壊症候群が多発したため、ネオニコチノイド系殺虫剤が一因ではないかと仮説が立てられている。
ヨーロッパでは予防原則に則り、規制が強化されている。欧州連合(EU)では2018年に、登録ネオニコチノイド主要5種の内3種を使用禁止し、フランスは主要5種全てを禁止した。なお、脊椎動物(哺乳類)がネオニコチノイドを摂取した際の影響評価は議論が続いているが、まだ結論は出されていない。※期間は、営業日での日数です

 

 


分析項目検索▶

 


 

残留農薬検査パッケージ一覧表

 

IFM&IFM-light(残留農薬モニタリング検査)

輸入食品に対して検疫所が行う残留農薬のモニタリング検査と100%同じ項目をパッケージ化しています。マシスだけのオリジナルサービス

FOODS(生鮮食品毎の残留農薬検査)

国内生鮮食品毎に残留農薬の基準値が設定されています。その設定されている農薬だけを生鮮食品毎にパッケージ化しています。マシスだけのオリジナルサービス。

FP(残留農薬検査)

コストパフォーマンスが最も高いパッケージです。各種食品に対応しています(生鮮・健康食品・加工食品)マシスだけのオリジナルサービス。

B(残留農薬検査)

残留農薬の基準値を定量限界に設定したコストパフォーマンスが高いパッケージです。生鮮食品に対応しています。マシスだけのオリジナルサービス。

VD&VD-light(残留動物医薬品モニタリング検査)

輸入食品に対して検疫所が行う動物医薬品のモニタリング検査と100%同じ項目をパッケージ化しています。マシスオリジナルアービス。

CW&MW(飲料水・ミラルウォーターの残留農薬検査)

CWは、水質管理目標設定全項目をパッケージ化しています。MWは、ミネラルウォーターの残留農薬基準が設定されている全項目をパッケージ化しています。マシスだけのオリジナルサービス。

PetFood(ペットフードの残留農薬検査他)

愛がん動物飼料の成分規格で定められている全19項目をパッケージ化しています。マシスだけのオリジナルサービス。

Feed(飼料の残留農薬検査)

農林水産省の飼料基準、管理基準で飼料毎に定められている項目を各飼料毎にパッケージ化しています。マシスだけのオリジナルサービス。

Soil(土壌の残留農薬検査)

土壌に残留性の高い農薬を選定して、パッケージ化しています。マシスだけのオリジナルサービス。

 


◀検査ラインアップ▶

農薬検査▶検査パッケージ一覧 ・モニタリング(IFM)・生鮮食品別(FOODS)・ハイコストパフォーマンス(FP)基準値定量限界(B)

動物医薬品検査▶モニタリング(VD)

土壌・河川水▶土壌・汚泥・河川水(Soil 農薬検査)

飲料水・ペットフード・飼料▶飲料水・ミネラルウォーター(CW/MW)・ペットフード(Pet FOOD)・飼料(Feed)

----------

栄養成分・他▶基礎栄養成分・食品添加・食物繊維・脂質・金属・イオンアミノ酸・ビタミン・核酸・有機酸・脂肪酸・アルコール・色素・細菌

機能性成分・他▶ポリフェノール・呈味・香料・香気・糖(単糖・多糖)

薬物・生薬▶ドーピング(食品)・生薬・分子標的(抗がん剤)・高血圧・糖尿・肥満・その他の薬・薬の代謝物

毒・有害物質▶毒素(Toxin)・ステロイド・ホルモン・界面活性剤(洗剤)・有害物質・残留溶媒

----------

環境関連▶環境(土壌・汚泥・河川水)・肥料・容器・包装・玩具・放射能

各種分析機器測定▶分析機器測定・分析法の開発(ISO/GMP対応)

 


 

◀見積依頼・分析検査依頼書のダウンロード▶

Web見積り依頼▶見積依頼(全て)

分析検査依頼書▶食品の残留農薬・動物用医薬品・機能性成分など・人間以外の動物・爬虫類・魚類など

放射能検査依頼書▶放射能スクリーニング検査(NaI検出器)・放射能精密検査(Ge検出器)

ISO/IEC 17025:2017検査依頼書▶茶葉のポリフェノール・農薬

 


 

◀ご依頼方法▶

ご依頼までのフロー▶初めての方へ・ご依頼方法と流れ・業務契約

◀ご案内▶

ご案内▶ニュース・採用情報・会社概要・社屋の概要・会社沿革・プレリリース・共同研究・社会貢献・アクセス・ご利用条件・プライバシーポリシー

 


 

◀FQA▶

FQA▶Q&A・ポジティブリスト制

FQA▶分析結果証明書・検体(試験品)の必要量・報告方法と分析期間とキャンセル・証明書の読み方・分析方法・データの取扱・フローチャート(残留農薬)

FQA▶分析に関する知識・分析用語・ワンポイントアドバイス・精度管理・国際認定(IS0/IEC 17025:2017)・情報リンク

 


 

◀登録証明書と所属学会他▶

認証及び登録▶ISO/IEC 17025:2017認定試験所(認定番号:74760)・計量証明事業(青森県第73号濃度)・日本GAP協会推奨機関(残留農薬)・向精薬試験研究施設設置者登録(青森県第15号)

所属学会/協会▶日本分析化学会・日本食品衛生学会・日本血液学会・日本健康・栄養食品協会・日本GAP協会

 


 

◀項目検索・お問合せ▶

項目検索▶分析項目・食品の分類・食品の違反事例

Webお問合せ▶全般業務提携・会社見学・代理店申込・分析法・開発など)

Mailお問合せ▶info(at)masis.jp

電話お問合せ▶0172-29-1777

 

◀Top マシス▶

 


 

Sitemap-Mobile

 

2021 Copyright MASIS All Right Reserved.