株式会社マシス  食品医薬品安全評価分析センター

 

 

はじめに

食品中に残留する農薬などが、人の健康に害を及ぼすことのないよう、厚生労働省は、全ての農薬、飼料添加物、動物用医薬品について、残留基準を設定しています。残留基準は、食品安全委員会が人が摂取しても安全と評価した量の範囲で、食品ごとに設定されています。農薬などが、基準値を超えて残留する食品の販売、輸入などは、食品衛生法により、禁止されています(いわゆる「ポジティブリスト制度」)。農薬が基準を超えて残留することのないよう、農林水産省が、残留基準に沿って、農薬取締法により使用基準を設定しています。また、食品の輸入時には、検疫所において残留農薬検査等を行っています。

 

全ての残留農薬検査、飼料添加物検査、動物用医薬品検査及び食品検査は、試験品(検体)の前処理、測定方法が複雑で多種類のパターンで行うため、大変複雑な分析となり、コストが高くなります。マシスは、今までの経験を基に、前処理・測定方法をある程度一本化し、コストパフォーマンスが高い残留農薬検査パッケージを開発しました。 ラボラトリーは、ISO:17025認定試験所であり、GMPにも対応可能です。ポリフェノール、分子標的薬(抗がん剤)など多種多様な物質の分析法を開発し、サービスを行う、開発型分析事業所です。さらに、お客様が安心してご依頼できる様、ラボラトリーの見学も随時受け付けしております。分析の透明性、信頼性をご確認下さい。

 

 

 

 

 

価格改正のお知らせ。
数年前から世界中で He(ヘリウム)の供給不足が始まり各産業に影響を及ぼしております弊社への供給量も減少し、価格も高騰しております。

さらに、標準試薬の製造中止、価格の高騰により分析料金を維持できない

または、分析する事ができない項目が発生する様に成りました。

 

ご依頼の分析の品質を維持する為に 、お客様にご負担をかけますが

2020年4月1日受注分より、価格を改正させて頂きます

価格の改正幅は、下記の通りです

現在分析料金プラス:3,000円〜60,000円

 

 

 

NEWS

--

●2019/12/27

 価格改正のお知らせ。
 数年前から世界中で He(ヘリウム)の供給不足が始まり

 各産業に影響を及ぼしております。

 弊社への供給量も減少し、価格も高騰しており、現在の

 分析料金を維持できない状況に成ると見込まれます。

 お客様には、誠に申し訳ございませんが

 2020年4月1日受注分より、価格を改正させて頂きます。

 

●2019/11/21

 年末年始休業に伴い報告日が下記の通り変更となります。
 宜しくお願い致します。

 年末年始休業期間 → 12月28日〜 1月5日

 

NEWS 分析項目

--

●2020/1/22

 大麻草成分の一つの天然物質

 カンナビジオール(CBD)検査サービスを開始しました.

●2019/11/6

 土壌の農薬検査サービスを開始しました。

●2019/11/6

 発癌性物質 N-ニトロソジメチルアミン(NDMA)

 N-ニトロソジエチルアミン(NDEA)の

 検査を開始しました。

●2019/09/30

 DHEAドーピング薬検査を開始しました。

●2019/09/10

 キャンペーン(期間限定

 とても安価で高精度の特別パッケージ

 米の残留農薬検査の受託を開始しました。

----------------------------------------------

 

 残留農薬検査

 

 1.IFMシリーズ

 (検疫所が輸入食品に対し行う農薬のモニタリング検査と同じ項目を検査)

 (お薦め対象食品:輸入野菜・果実・穀類・豆・茶・畜産物・水産物)

 

 

 2.FOODSシリーズ

  (生鮮食品ごとに残留基準値が設定されている項目を検査)

  (お薦め対象食品:国内生産の生鮮食品) 

 

 3.Mシリーズ

 (マシスが厳選した項目を検査)

 (お薦め対象食品:生鮮食品・加工食品)

 

 

 4.FPシリーズ

 (コストパホーマンスに優れた項目を検査)

 (お薦め対象食品:生鮮食品・加工食品)

 

 5.Soilシリーズ

 (残留し易い除草剤を検査)

 (お薦め対象食品:土壌・河川水)

 

 

 6.残留農薬検査パッケージ

  (農薬検査パッケージ全般)

 

 

----------------------------------------------

 成分検索(⬇︎画像をクリック PC)

----------------------------------------------

 成分検索(⬇画像︎をクリック スマートホン)

----------------------------------------------

依頼書のダウンロード⬇︎ 見積依頼ページ⬇

︎衛生検査申込書⬇︎

 

----------------------------------------------

お客さまと共に

1.分析法の開発

2.GMP対応分析

3.研究開発分析

4.分析のコンサル

----------------------------------------------

 

食品・医薬品の開発。まずは TOF-MS でサーチ。

キャンペーン受付期間(9月1日〜12月31日 ¥350,000〜)

    

   1.精度 質量数0.000±0.001Da

   2.ノンターゲット分析

   (検出されたピークの質量数を確定後、自社開発データベースと照合し物質を推測する。)

 

----------------------------------------------

 

認証及び登録

ISO:17025認定試験所 認定番号:74760

計量証明事業(青森県 第73号 濃度)

衛生検査所(青森県 第26号 生化学的検査)

向精薬試験研究施設設置者登録証(青森県 第15号)

日本GAP協会推奨機関

 

 

 

High Performance Analysis Company