株式会社マシス 食品医薬品安全評価分析センター

   


分析データ(クロマトグラム)などの取扱

(食品医薬品安全評価分析センター)


分析方法の構成
試験品の前処理方法・分析機器・分析条件・分析データ(クロマトグラム)から構成されます。
※クロマトグラムとは、分析機器から出力した信号を2次元等で視覚化したもの。

 

分析方法の詳細
前処理方法 ・ 分析条件の詳細は、開示しておりません。

 

分析方法の流れ
残留農薬分析の簡易フローチャートを公開しております。参考にして下さい。
※フローチャートの公開及び提出(開示)は、しておりません。

 

データの開示
分析データ(クロマトグラム)の開示は、しておりません。

 

データの開示を希望するお客さまへ
必ず、事前にご連絡下さい。
通常の分析で申し込みされた場合は、分析データの開示はできません。
データが必要な場合は、開発でお申し込み下さい。
また、開発で申し込まれた際の一切のデータ及び技術及び権利は、マシスに帰属します。
マシスとの承諾(書面若しくは、口頭)なしでデータ等の使用は、できません。
ご注意下さい。
※データの使用とは、Webでの使用・論文・メディア・特許・商品への記載等全て。
※データとは、分析結果証明書(報告書 )を除外した一切の資料。。
※開発料金は、¥750,000〜

 

分析結果に関する事項
分析結果は、供与された試験品についての結果であり、当該試験品の母集団を保証もしくは
認証するものではありません。
また、株式会社マシス及び関連会社は、分析結果を利用する事により直接・間接的に生じた損失に
関して一切責任を負いません。

 


分析項目検索▶

 


残留農薬検査パッケージ一覧表

FOODS(生鮮食品毎の残留農薬検査)

国内生鮮食品毎に残留農薬の基準値が設定されています。その設定されている農薬だけを生鮮食品毎にパッケージ化しています。マシスだけのオリジナルサービス。

FP(残留農薬検査)

コストパフォーマンスが最も高いパッケージです。各種食品に対応しています(生鮮・健康食品・加工食品)マシスだけのオリジナルサービス。

B(残留農薬検査)

残留農薬の基準値を定量限界に設定したコストパフォーマンスが高いパッケージです。生鮮食品に対応しています。マシスだけのオリジナルサービス。

VD&VD-light(残留動物医薬品モニタリング検査)

輸入食品に対して検疫所が行う動物医薬品のモニタリング検査と100%同じ項目をパッケージ化しています。マシスオリジナルアービス。

CW&MW(飲料水・ミラルウォーターの残留農薬検査)

CWは、水質管理目標設定全項目をパッケージ化しています。MWは、ミネラルウォーターの残留農薬基準が設定されている全項目をパッケージ化しています。マシスだけのオリジナルサービス。

PetFood(ペットフードの残留農薬検査他)

愛がん動物飼料の成分規格で定められている全19項目をパッケージ化しています。マシスだけのオリジナルサービス。

Feed(飼料の残留農薬検査)

農林水産省の飼料基準、管理基準で飼料毎に定められている項目を各飼料毎にパッケージ化しています。マシスだけのオリジナルサービス。

Soil(土壌の残留農薬検査)

土壌に残留性の高い農薬を選定して、パッケージ化しています。マシスだけのオリジナルサービス。

 

◀検査ラインアップ▶

農薬検査▶検査パッケージ一覧 ・モニタリング(IFM)・生鮮食品別(FOODS)・ハイコストパフォーマンス(FP)基準値定量限界(B)

動物医薬品検査▶モニタリング(VD)

飲料水・ペットフード・飼料▶飲料水・ミネラルウォーター(CW/MW)・ペットフード(Pet FOOD)・飼料(Feed)

栄養成分・他▶基礎栄養成分・食品添加・食物繊維・脂質・金属・イオンアミノ酸・ビタミン・核酸・有機酸・脂肪酸・アルコール・色素・細菌

機能性成分・他▶ポリフェノール・呈味・香料・香気・糖(単糖・多糖)

土壌・河川水▶土壌・汚泥・河川水(農薬検査)・毒素(Toxin)・ステロイド・ホルモン・界面活性剤(洗剤)・有害物質・残留溶媒

薬物・生薬▶ドーピング(食品)・生薬・分子標的(抗がん剤)・高血圧・糖尿・肥満・その他の薬・薬の代謝物

環境関連▶環境(土壌・汚泥・河川水)・肥料・容器・包装・玩具・放射能

各種分析機器測定▶分析機器測定・分析法の開発(ISO/GMP対応)


◀見積依頼・分析検査依頼書のダウンロード▶

ご依頼までのフロー▶初めての方へ・ご依頼方法と流れ・業務契約

Web見積り依頼▶・見積依頼(全て)

分析検査依頼書▶食品の残留農薬・動物用医薬品・機能性成分など・人間以外の動物・爬虫類・魚類など

放射能検査依頼書▶放射能スクリーニング検査(NaI検出器)・放射能精密検査(Ge検出器)

ISO/IEC 17025:2017検査依頼書▶茶葉のポリフェノール・農薬


◀ご案内▶

ご案内▶ニュース・採用情報・会社概要・社屋の概要・会社沿革・プレリリース・共同研究・社会貢献・アクセス・ご利用条件・プライバシーポリシー

◀FQA▶

FQA▶Q&A・ポジティブリスト制

FQA▶分析結果証明書・検体(試験品)の必要量・報告方法と分析期間とキャンセル・証明書の読み方・分析方法・データの取扱・フローチャート(残留農薬)

FQA▶分析に関する知識・分析用語・ワンポイントアドバイス・精度管理・国際認定(IS0/IEC 17025:2017)・情報リンク

◀登録証明書と所属学会他▶

認証及び登録▶ISO/IEC 17025:2017認定試験所(認定番号:74760)・計量証明事業(青森県第73号濃度)・日本GAP協会推奨機関(残留農薬)・向精薬試験研究施設設置者登録(青森県第15号)

所属学会/協会▶日本分析化学会・日本食品衛生学会・日本血液学会・日本健康・栄養食品協会・日本GAP協会


◀項目検索・お問合せ▶

項目検索▶分析項目・食品の分類・食品の違反事例

Webお問合せ▶全般業務提携・会社見学・代理店申込・分析法・開発など)

Mailお問合せ▶info(at)masis.jp

お問合せ▶電話でのお問合せ:Tel.0172-29-1777

◀マシス▶

 

2021 Copyright MASIS All Right Reserved.