MASIS Inc.  Food&Drug Nano Analysis
ISO/IEC 17025  Accredited Laboratory
Tel. 0172-29-1777 
info@masis.jp(問い合わせ)

|  |  |  |  |  |  |  |  |

DataBase Log in

分析項目・料金

食品の違反事例

食品の分類

 

◆見積・依頼書(一般)

見積依頼(全て対応)

依頼書(農・動薬他)

依頼書(生体人以外)

依頼書(放射能Sc)

依頼書(放射能Ge)

 

ISO規格での申し込みは、お問い合せ下さい。
◆依頼書(ISO17025)

◆依頼書(衛生検査所)
依頼書(生体)

 

◆業務契約

 

パッケージ

農薬・動薬一覧

◇食品別栄養機能性

 

◆農薬・動物薬

農薬(モニタリング)

動物薬(モニタリング)

生鮮食品別(FOODS)

登録農薬別(REG)

お客様専用

マシス厳選(FP)

飲料水

ペットフード

飼料

食品添加物

有害物質・残留溶媒

 

◆異物・放射能・GMO

異物

放射能

遺伝子組換え(GMO)

アレルゲン

 

◆基礎・機能性

基礎栄養

機能性

呈味

ポリフェノール

アミノ酸

ビタミン

糖(単糖・多糖)

核酸

脂質

脂肪酸

食物繊維

有機酸

金属・イオン

アルコール

香料

香気

色素

毒素(Toxin)

細菌

ステロイド・ホルモン

界面活性剤(洗剤)

 

◆医薬・生体

生薬

分子標的

高血圧

糖尿

肥満

その他の薬

代謝物

 

◆環境・規格

環境

肥料

容器・包装玩具

 

◆測定

機器測定

開発

 


  
糖(単糖及び多糖)

 分析項目

 備考

 全糖


 分析法:フェノール硫酸法 or ソモギー・ネルソン法
 

 還元糖

 
 ソモギー・ネルソン法

 糖セット5


 グルコース・フルクトース・マルトース・
 ラクトース・スクロース 
 

 糊化度


 分析法:β-アミラーゼ・プルラナーゼ法(BAP法)
 

 N-アセチル-D-ガラクトサミン

-

 N-アセチル-D-グルコサミン

-

 N-アセチルノイラミン酸

-

 α-シクロデキストリン

-

 β-シクロデキストリン

-

 γ-シクロデキストリン

-

 アラビノース

-

 イソマルトオリゴ糖 

-

 ガラクトース

-

 ガラクトサミン

-

 キシロース

-

 キシロオリゴ糖

-

 キシロビオース

-

 グリセリン

-

 グルコース

-

 グルコサミノグリカン


 分析方法:カルバゾール−硫酸法

 グルコサミン

-

 ゲンチオオリゴ糖 

-

 コンドロイチン硫酸


 1.インドール-塩酸法(標準品:グルコサミン塩酸塩)

  【長所】
   グルコサミノグリカンの全体量を定量できる。
   グルコサミノグリカン・・・ヒアルロン酸、
   コンドロイチン硫酸、デルマタン硫酸など。

  【短所】
   ヒアルロン酸、コンドロイチン硫酸、デルマタン硫酸など
   複数のグルコサミノグリカンが混在していると、
   各々の定量はできない。



 2.カルバゾール-硫酸法(標準品:グルクロン酸)

  【長所】
   標準品にグルクロン酸を使用するため、
   グルクロン酸を持つグルコサミノグリカンの全体量を
   定量できる。

  【短所】
   グルクロン酸を持っているグルコサミノグリカンが
   複数混在すると各々の定量はできない。



 3.硫酸バリウム法(標準品:なし:重量測定の為)

  【長所】
   ヒアルロン酸以外の、硫酸基を持つグ
   ルコサミノグリカンの全体量がわかる。

  【短所】
   ムコ多糖類以外の硫酸基も定量される。



 4.アルシアンブルー法(標準品:コンドロイチン-6-硫酸)

  【長所】
   アルシアンブルーが特異的に酸性ムコ多糖に
   反応するため硫酸基を持つ多糖を定量できる。

  【短所】
   グルコサミノグリカンの全体量の定量はできない。

 スクラロース

-

 スクロース

-

 セロビオース

-

 ソルビトール

-

 トレハロース

-

 ヒアルロン酸


 分析方法:カルバゾール−硫酸法
 

 フコイダン


 分析方法:吸光光度法
 

 フコース

-

 フルクトース

-

 フルクトオリゴ糖

-

 ペクチン


 ペクチン (Pectin) とは、植物の細胞壁や中葉に含まれる
 複合多糖類でガラクツロン酸 (Galacturonicacid)が α-1,4-
 結合した ポリガラクツロン酸が主成分である。ガラクツロン酸の
 カルボキシル基がメチルエステル( methyl ester)化されたものを
 ペクチン、メチルエステル化されていないものをペクチン酸(
 Pecticacid') と呼ぶ。天然ではガラクツロン酸の一部にメチル化が
 見られ、人工的に脱エステル化することによってペクチン酸が
 得られる。ガラクツロン酸の他にいくつかの多様な糖を含むことが
 知られる。
 分子量は、50,000〜360,000で、特に植物の葉、茎、
 果実に含まれる。
 

 マルトース


 マルトース(maltose、麦芽糖(ばくがとう)とも呼ばれる)とは、
 α-グルコース2分子がα1-4グリコシド結合した還元性二糖。
 化学式はC12H22O11である。
 水飴の主成分となっている。名称の由来は、オオムギを発芽させ
 湯を加えることによってデンプンが糖化されたもの
 (モルト、Malt)に多く含まれる。

 マルトトリオース

-

 マンノース

-

 ムコ多糖


 ヒアルロン酸
 ヘパラン硫酸
 コンドロイチン硫酸
 ヘパリン等の混合物
 

 ラクトース

-

 ラフィノース

-

 リボース

-

 

 

2010 Copyright MASIS All Right Reserved