MASIS Inc.  Food&Drug Nano Analysis
ISO/IEC 17025  Accredited Laboratory
Tel. 0172-29-1777 
info@masis.jp(問い合わせ)

|  |  |  |  |  |  |  |  |

DataBase Log in

分析項目・料金

食品の違反事例

食品の分類

 

◆見積・依頼書(一般)

見積依頼(全て対応)

依頼書(農・動薬他)

依頼書(生体人以外)

依頼書(放射能Sc)

依頼書(放射能Ge)

 

ISO規格での申し込みは、お問い合せ下さい。
◆依頼書(ISO17025)

◆依頼書(衛生検査所)
依頼書(生体)

 

◆業務契約

 

パッケージ

農薬・動薬一覧

◇食品別栄養機能性

 

◆農薬・動物薬

農薬(モニタリング)

動物薬(モニタリング)

生鮮食品別(FOODS)

登録農薬別(REG)

お客様専用

マシス厳選(FP)

飲料水

ペットフード

飼料

食品添加物

有害物質・残留溶媒

 

◆異物・放射能・GMO

異物

放射能

遺伝子組換え(GMO)

アレルゲン

 

◆基礎・機能性

基礎栄養

機能性

呈味

ポリフェノール

アミノ酸

ビタミン

糖(単糖・多糖)

核酸

脂質

脂肪酸

食物繊維

有機酸

金属・イオン

アルコール

香料

香気

色素

毒素(Toxin)

細菌

ステロイド・ホルモン

界面活性剤(洗剤)

 

◆医薬・生体

生薬

分子標的

高血圧

糖尿

肥満

その他の薬

代謝物

 

◆環境・規格

環境

肥料

容器・包装玩具

 

◆測定

機器測定

開発

 


  
ビタミン

 分析項目

 備考

 DL-α-トコフェロール

-

 DL-β-トコフェロール

-

 DL-γ-トコフェロール

-

 DL-δ-トコフェロール

-

 イソデスモシン

-

 イノシトール(ビタミンBH)


 イノシトール (inositol) はシクロヘキサンの各炭素上の水素原子が
 ひとつずつヒドロキシ基に置き換わった構造
 (1,2,3,4,5,6-シクロヘキサンヘキサオール)を持つ、シクリトールの
 一種である。組成式はC6H12O6、分子量は 180.16。甘味を持つ。
 細胞成長促進に不可欠なビタミンB群の一種
 

 ケルセチン

-

 ナイアシン

 
 ニコチン酸+ニコチン酸アミド

 ニコチンアミド

-

 ニコチン酸

-

 パントテン酸

-

 ビタミンA(β-カロテン当量)

 
 β-カロテン当量=β-カロテン+1/2α-カロテン+1/2クリプトキサンチン
 

 ビタミンA(レチノール当量)

 
 レチノール当量=レチノール+1/12β-カロテン当量

 β-カロテン当量=β-カロテン+1/2α-カロテン+1/2クリプトキサンチン

 ビタミンB1(チアミン)

-

 ビタミンB10(B群の混合物)


 物質名を指定して下さい
 

 ビタミンB12(シアノコバラミン)

-

 ビタミンB13
 (オロト酸・オロチン酸)

-

 ビタミンB14(葉酸又は
 リポ酸などの混合物)


 物質名を指定して下さい
 

 ビタミンB2(リボフラビン)

-

 ビタミンB6(ピリドキシン)

-

 ビタミンB7
 (ビオチン ビタミンH )

-

 ビタミンBp(コリン)

-

 総アスコルビン酸


 総ビタミンC
 

 ビタミンD(D2,D3の総和)

-

 ビタミンD2
 (カルシフェロール) 

-

 ビタミンD3
 (コレカルシフェロール)

-

 ビタミンE(αβγδ-トコフェロール
 の総和)

-

 ビタミンH1(p-アミノ安息香酸)
 ビタミンBx

-

 ビタミンK(K1,K2の総和)

-

 ビタミンK1(フィロキノン)

-

 ビタミンK2(メナキノン-4)

-

 ヒドロキシエチルチアミン

-

 ピリドキサール

-

 ピリドキサール-5-リン酸


 ビタミンB6は水溶性のビタミンで、ピリドキシン、
 ピリドキサール、ピリドキサミンと、これらのリン酸エステル型
 であるピリドキシン−5−リン酸(PNP)、
 ピリドキサル−5−リン酸(PLP)、ピリドキサミン−5−リン酸
 (PMP)の総称です。ピリドキシンとピリドキサミンは
 植物に存在し、ピリドキサールは動物に存在しています。
 

 ピリドキサミン

-

 ピロロキノリンキノン(PQQ)


 ピロロキノリンキノン (Pyrroloquinoline quinone, PQQ) は、1964年
 Haugeらにより、細菌のグルコース脱水素酵素に含まれる
 ニコチンアミドとフラビンに次ぐ3番目の酸化還元補酵素として
 見出された[1]。 一方、AnthonyとZatmanも、アルコール脱水素
 酵素に未知の酸化還元補酵素があることを見出し、これを
 Metoxatinと名づけた[2]。  1979年に、Salisburyら[3]、および
 Duineらのグループ[4]が、メチロトローフ(メタノール資化菌)の
 メタノール脱水素酵素からこの補酵素を抽出し、その分子構造を
 同定した。
 Adachiらのグループは、酢酸菌の脱水素酵素にもPQQが含まれる
 ことを見出した[5]。 これらのPQQを含む酵素は、キノプロテインと
 呼ばれ、その一つであるグルコース脱水素酵素は、グルコース
 センサーに用いられている。 その後、PQQが細菌に対する
 生育促進効果[6]を始め、抗酸化作用、神経保護作用など
 さまざまな生理作用を持つことが見出された。 1989年に
 、RuckerらのグループによってPQQ欠乏食を与えたマウスが
 種々の異常を呈することが報告され、PQQが哺乳類でも補酵素
 として働いている可能性が示唆された[7]。哺乳類において、
 アミノアジピン酸セミアルデヒドデヒドロゲナーゼ(AASDH)が
 PQQを補酵素として利用していると考えられたことから、
 PQQがビタミンである可能性が指摘されたが[8]、AASDHがその
 活性にPQQを必要とするとの直接的な証拠はなく、Ruckerらの
 グループも、PQQをビタミンと呼ぶには証拠が未だ充分ではない
 としている[9]。
 

 ヘスペリジン

-

 ベタイン(トリメチルグリシン)
 (ビタミンB15)


 多くの生物体内に存在し、野菜、キノコなどの食物にも含まれる。
 特にテンサイ (Beta) に多量に含まれ、ベタイン (Betaine) の名は
 これに基づく。現在もテンサイ糖蜜から抽出されている。
 水によく溶ける。
 

 レチノール

-

 葉酸


 葉酸(ようさん)はビタミンM、ビタミンB9、
 プテロイルグルタミン酸とも呼ばれ、水溶性ビタミンに分類される
 生理活性物質である。
 プテリジンにパラアミノ安息香酸とグルタミン酸が結合した
 構造を持つ。1941年に乳酸菌の増殖因子としてホウレンソウの
 葉から発見された。
 ホウレンソウの葉はラテン語で folium と呼ばれることから葉酸
  (folic acid) と名付けられた。葉酸は体内で還元を受け、
 ジヒドロ葉酸を経てテトラヒドロ葉酸に変換された後に
 補酵素としてはたらく。
 

 

2010 Copyright MASIS All Right Reserved